悩んでいる人必見!目の疲れを解消する成分とおすすめサプリを比較!

目の疲れに良いサプリおすすめランキング » 積極的に摂りたい!目の疲れに効く食べ物 » にんにく

にんにく

ここでは、目の疲れに対するにんにくの効果について、説明しています。

にんにくに含まれる成分が目の疲れを解消!

香辛料やスタミナ食として、さまざまな料理に使われるにんにく。あの特徴的なニオイから、摂取することをためらったり、好き嫌いも分かれてしまいがちですよね。

しかし、実はそのニオイ成分に含まれるアリシンという物質が、目の疲れに効果をもたらしてくれるのです。

アリシンは、豚肉などに多く含まれるビタミンB1と結びつくことで、アリチアミンという物質に変化。疲労回復や疲れにくい身体づくりに役立つ成分となります。「豚肉とにんにくを一緒に食べると良い」「餃子ににんにくを入れるとスタミナがつく」というのは、この作用によるものです。

ビタミンB1にも疲労回復効果が見られますが、注目すべきはその吸収率。アリチアミンに変化することで、血液内に残存し続ける性質が格段にあがるのです。

アリチアミンによる疲労回復は、もちろん目にも効果があります。「疲れにくい身体を作ること=疲れ目予防」にもつながるため、忙しい時ほど、にんにくを食べるべきだといえるでしょう。

さらに、にんにくは加熱することで、アリシンからアホエンという成分を生成。血小板が固まるのを抑えたり、血糖値を低下させる効果があるため、血液をサラサラにします。血行が良くなることで、肩コリや頭痛も軽減。にんにくは、疲れ目の根原すらも解決してくれるのです。

にんにくの効果的な摂り方

疲労回復・疲れ目予防効果を高めるのであれば、アリチアミンを意識しましょう。豚肉や緑黄色野菜など、ビタミンB1を豊富に含む食材と同時に摂取することが重要です。

豚肉・ニラ・玉ねぎの野菜炒め、豚のひき肉とニラがたっぷり入った餃子などは、まさに疲れ目解消に適した料理。にんにくを入れることで、効率的にアリチアミンを摂取できます。

また、アホエンを効果的に取り入れたいのであれば、アホエンオイルがオススメ。小鍋で70℃くらいに温めたオリーブオイルに、スライスしたにんにくを投入。焦げないうちに火を止めて、そのまま冷まします。

パスタやサラダ、肉料理はもちろん、パンなどに付けることで少量ずつ毎日摂取でき、お手軽に血液サラサラ効果が得られます

生食も可能ですが、刺激が強すぎるため、胃腸が弱っている場合には注意しましょう。

醤油やお酢につけておくと食べやすくなり、すりおろしたリンゴは摂取後の気になるニオイを抑えます。

目の疲れに絶大な効果をもたらす、にんにく。ちょっとした工夫を加えて、効果的に摂取していくことを考えましょう。

目の疲れを解消するサプリメントはこちら>>

第1位

やわた
北の国から届いた
ブルーベリー

●アントシアニン
72mg

●価額
2,160円(税込)
やわた_北の国から届いたブルーベリー
詳細はこちら

第2位

さくらの森
めなり

●アントシアニン
61mg

●価額
4,298円(税込)
さくらの森_めなり
詳細はこちら

第3位

えがお
ブルーベリー

●アントシアニン
57mg

●価額
1,728円(税込)
えがお_ブルーベリー
詳細はこちら
 
あなたの目を元気に!目の疲れに効くおすすめサプリを徹底比較