悩んでいる人必見!目の疲れを解消する成分とおすすめサプリをランキング

目の疲れに良いサプリおすすめランキング » 【特集】疲れ目解消に効く成分 » ルテイン

ルテイン

ルテインが疲れ目を解消する仕組みや効果、成分の特徴などを紹介しています。

ルテインとは

ルテインは、人間だけでなくあらゆる動物や植物に必要不可欠なカロテノイドの一種で、抗酸化作用をもつ黄色の天然色素です。マリーゴールド・ほうれん草・ブロッコリー・ニンジン・かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

人間の体にはとても大切な成分なのですが、体内で生成することができないため、食事やサプリメントなどで摂取することが必要です。

ルテインの効果

ルテインは、目の中の黄斑部・乳房・大腸・皮膚に存在していますが、体内で生成できないため年齢とともに減少していきます。 また、ストレスや喫煙・飲酒・運動不足などによってもルテインは減っていくので注意が必要です。

特に目にはとても大切な成分だといわれているため、減少するとさまざまな症状や病気につながります。

抗酸化作用

ルテインは強力な抗酸化作用をもっているため、活性酸素が原因で起こる疲れ目の解消や、黄斑変性症などの黄斑部の障害を防ぐ効果があります。

黄斑変性症とは、加齢などが原因で視力が低下していく病気です。65歳以降の人では、失明する原因の上位に入っています。
最初は視野の中央に黒い点が見え、ものの大きさや色・形が違って見えるなどの症状が表れてきます。病状が進行すると視野が狭まり、やがて失明にまで至ってしまうのです。
2007年にはアメリカで4,000人以上を対象にした臨床試験が行われていて、ルテインの摂取が黄斑変性症のリスクを低減させる効果があるという結果が出ています。

また、ルテインには白内障を予防する効果も期待されています。

白内障とは、加齢とともに水晶体がにごり、視野に白い膜がかかったような状態になる病気です。カメラで例えると、レンズが湿気でくもり、写りが悪くなるイメージです。紫外線ダメージで発生した活性酸素が、タンパク質を変性させることによって生じる病気で、世界の失明原因の第1位ともいわれています。

ルテインを習慣的に摂取すると活性酸素が除去され、白内障の原因となる水晶体の濁りを予防することができると考えられています。

抗炎症作用

ルテインは抗酸化作用に加え、抗炎症作用も持ち合わせているため、ぶどう膜炎などの眼病予防にもなるといわれています。

ぶどう膜炎とは、目を構成している重要な組織である「ぶどう膜」が、何らかの原因で炎症を起こす目の病気です。ルテインの抗炎症作用で、ぶどう膜炎が発症するリスクを下げると期待されています。

ルテインの種類

ルテインには、「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」の2種があります。

  • フリー体ルテイン
    肌や水晶体、網膜、子宮にあるものと同じ精製ルテイン(不純物のないルテイン)です。サプリで摂取するとそのまま体内へ吸収されます。
  • ルテインエステル
    フリー体ルテインに「脂肪酸」が付いたルテインのことで、体内には存在しない成分です。 サプリでは、主にマリーゴールドから抽出されますが、このままだと体内に入っても吸収されません。
    しかし、体内にある消化酵素の力を借りることにより、ルテインエステルに付いた脂肪酸が取り除かれて「フリー体ルテイン」のみが体内へ吸収されます。

ルテインとブルーライト

現代人にとっては当たり前にあるテレビ・スマートフォン・パソコンですが、それらから出るブルーライトによって目の中で活性酸素を発生させます。特に青色の光は波長が短くダメージが強いといわれているため、長時間その光を見るのは出来るだけ避けたいところです。

また、青色の光は反射しやすいため、画面にピントを合わせようと目の筋肉が過剰に使われてしまいます。これが引き金となって、目の疲れ、首や肩の凝りなどの症状も現れてきます。

ルテインは、それらの有害な光によって生じた活性酸素を取り除くだけでなく、過剰な発生を防ぐ効果や、青色の光を吸収するはたらきもあるため、目へのダメージを軽減してくれる嬉しい効果も。

目をいたわらないといけないのは、なにも高齢者だけではありません。むしろブルーライトを浴びることの多い若い人こそ、目を大切にするべきだと思います。

ルテインを含む食品

目にやさしく、抗酸化作用にもすぐれたルテインを多く含む食品を紹介します。

【ルテインを多く含む食品】マリーゴールド/ケール/ほうれんそう/ブロッコリー/葉レタス/グリーンピース/芽キャベツ/夏かぼちゃ/トウモロコシ/緑豆など
 

このように、食品では緑黄色野菜を中心にルテインが含まれています。

しかし残念なことに、現代人の食生活では必要摂取量に足りていません。上記の食品を毎日食べることも1つの方法ですが、それはとても難しいことだと思います。
手軽にルテインを摂取するためには、食品よりサプリメントの形で摂る方が効率的でしょう。

ルテインを含んだおすすめサプリメント

ルテインを含んだサプリメントでおすすめしたい商品は「北の国から届いたブルーベリー」です。
ルテインをはじめ、アントシアニン・βカロテン・メグスリノキエキス・カシスエキス・DHA・EPA・コエンザイムQ10といった、目に良いとされる成分が8種類も配合されています。

特におすすめしたいポイントは、アントシアニンもたっぷり配合されている点です。
アントシアニンは、ルテインと同じく目に良いとされていますが、その役割は違うものです。有害な光から目を守り、サングラスのような役割をするのがルテインで、アントシアニンは目の疲労回復や、視力の改善をする働きがあります。摂取後約4時間で回復が確認されるほどの非常に高い即効性があり、約24時間効果が持続するという研究データもあるそうです。
さらに、ルテインとアントシアニンを同時に摂取することで、相乗効果が期待できるといわれています。その2つの成分がたっぷり配合されている「北の国から届いたブルーベリー」は、とてもおすすめしたい商品なのです。

サプリメントという形で効率良くルテインを摂取し、疲れ目の改善と眼病予防をしっかり行いましょう。

>>>「北の国から届いたブルーベリー」の公式サイトを見る

第1位

北の国から届いた
ブルーベリー

●目に良い配合成分
8種類

●1日分の目安量
1粒
やわた 北の国から届いたブルーベリー
北の国から届いたブルーべリーの
詳細はこちら

第2位

アスタキサンチンα

●目に良い配合成分
6種類

●1日分の目安量
1粒
わかさ アスタキサンチンα
アスタキサンチンαの
詳細はこちら

第3位

いきいきルテイン・アイ

●目に良い配合成分
6種類

●1日分の目安量
2~3粒
えがお いきいきルテイン・アイ
いきいきルテイン・アイの
詳細はこちら
 
目の疲れに良い!眼精疲労に効くサプリおすすめランキング