悩んでいる人必見!目の疲れを解消する成分とおすすめサプリを比較!

目の疲れに良いサプリおすすめランキング » 原因から症状まで【目の疲れ情報館】 » 目が疲れる原因

目が疲れる原因

パソコンの使用時に引き起こされる目の疲れの原因とメカニズムについて紹介しています。

目の疲れとは

目が疲れると「焦点が合わない」「目が乾く」「ショボショボする」「目が痛い」など様々な状態が表れます。表われる状態に違いがあっても、目の疲れ全てに共通しているのは、目を使い過ぎたことが原因だということです。

目が疲れる原因

仕事をしていて目の疲れをよく感じるようになったときは、その原因をチェックして改善できる点を見付けていくことが大切です。

具体的には次のようなポイントを、自己チェックしてみると良いでしょう。

チェック1.健康状態

目の疲労は体の疲労が原因であることも多いのです。
例えば、自覚しない首や肩のこりが目の疲れとして現れる場合があります。目の疲れを放置すると、体の神経や筋肉に負担が掛かり、余計に目を疲れさせる悪循環に陥る可能性もあります。
体が疲れていたり体調が悪い時は生活習慣を見直して、体の状態を整える工夫をすることが必要です。

チェック2.ストレス

精神的なストレスの蓄積でも目の疲れが進行することがあります。それが悪化すると、中心性網脈絡膜症などの病気を引き起こしてしまうことも。

チェック3.作業環境

パソコンを使う際は、画面から40cmほど目を離して作業を行わないと疲れやすくなります。また、机とイスの高さが合っていないと、首や腰も痛くなってさらに疲れてしまいます。そのほか、パソコンの画面が光に反射したり、エアコンの風が直接、目に当たると疲れ目の原因になります。

チェック4.矯正

眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正している場合、矯正が適切でないと目は継続的にストレスを溜め込むことになります。

チェック5.目の酷使

長時間の作業や読書によって目の筋肉を緊張させ続けていると、筋肉の疲労によるかすみ目などの症状があらわれます。
パソコンやテレビなどの画面を長時間見続けているだけでも疲れるのに、画面を凝視してしまうため自然とまばたきの回数が減少し、目が乾いてより疲れやすくなります。

チェック6.年齢や病気

加齢による老眼や、白内障、緑内障の場合も疲れ目のような症状が出ることがあります。

40歳を過ぎた頃から加齢の初期症状が出始めるので、ただの疲れ目と軽く考えずに、症状が続くようなら病院を受診することが必要です。

目が疲れるメカニズム

目が疲れる要因としては、勉強やパソコン作業などで近くのものを長時間見続けたり、目のピントを調節する力が弱まる老化によるものなどがあります。

正常な目は涙に覆われて表面が滑らかなのですが、目が乾くと涙が出にくくなって目の表面に凹凸ができ、ピントが合っているのに視界がぼやけてしまいます。
脳は、それでもどうにかしてピントを合わせようと毛様体筋を使って調節しようとします。
毛様体筋は、カメラのレンズの役割を担う「水晶体」を伸縮させて調節し、目のピントを合わせている筋肉です。
目を酷使すると毛様体筋がずっと緊張したままになり、筋肉が疲労して目が疲れてくるのです。

長時間の作業をしている場合は、適度に休憩を取って目の細胞に必要な酸素や栄養を送ってあげることが大切です。
目の疲れが進行すれば細胞の代謝が低下し、疲労を取りにくくする悪循環に繋がります。
そのほか対策としては、たっぷりと睡眠時間をとって目を休ませてあげたり、サプリメントの摂取で目に良い成分を補う方法も効果的です。

目の疲れを解消するサプリメントはこちら>>

第1位

やわた
北の国から届いた
ブルーベリー

●アントシアニン
72mg

●価額
2,160円(税込)
やわた_北の国から届いたブルーベリー
詳細はこちら

第2位

さくらの森
めなり

●アントシアニン
61mg

●価額
4,298円(税込)
さくらの森_めなり
詳細はこちら

第3位

えがお
ブルーベリー

●アントシアニン
57mg

●価額
1,728円(税込)
えがお_ブルーベリー
詳細はこちら
 
あなたの目を元気に!目の疲れに効くおすすめサプリを徹底比較