悩んでいる人必見!目の疲れを解消する成分とおすすめサプリを比較!

目の疲れに良いサプリおすすめランキング » 原因から症状まで【目の疲れ情報館】 » 疲れ目に潜む病気

疲れ目に潜む病気

目の疲れの症状に隠された病気について解説しています。

目の疲れの症状に隠れている病気とは?

目の疲れを改善するためには、自分の症状が何によって起っているのかを知ることが必要です。

近視や乱視の人は、眼鏡やコンタクトレンズの度が合っていないだけでも目が疲れてしまいます。

またパソコンを長時間使う人も、まばたきの回数が減ることで目の表面が乾燥し、傷つきやすくなることから様々な疾患が引き起こされます。

これらの原因で目の疲れがある場合は、眼鏡やコンタクトの調整、目薬の点眼やパソコンを使用する際の姿勢の改善などで目の疲れを軽減・解消することもできます。

しかし目の疲れの原因が病気の場合は、早急に医療機関を受診して医師の診断を受けることが何より大切です。

視神経の障害

視神経はものを見るための重要な役割を担う器官です。ここが炎症を起こしたり圧迫によって障害を受けると、片目や両目の急激な視力の低下、視野の中心部分や上半分・下半分が見えなくなるといった症状が現れます。

そのほか、目の圧迫感や目を動かした時に痛みを感じることもあります。

原因としては多発性硬化症や副鼻腔疾患、糖尿病や高血圧による循環障害、栄養障害、薬物、毒物によるものが挙げられます。

視神経の障害は専門の医療機関で検査してステロイド投与などを受けなければ改善しません。

症状は数日から1週間ほどで進行するため心配な場合は放置せず、早急に医師の診断を受けて下さい。

白内障

白内障は目の中の水晶体が濁ることによって視力障害を起こす病気で、老化が主な原因と考えられています。

そのほか、目のケガやアトピー性皮膚炎、糖尿病、風疹、ぶどう膜炎、ステロイドなどの薬剤に誘発されることも多く、結膜剥離や眼底出血を伴うこともあります。

白内障になると、光が乱反射して眩しく感じたり、ものが二重にダブって見えたり、視力が低下するなどの症状が現れてきます。

早期に手術を行わないと危険な場合もあるので、白内障が疑われるときは早めに医師の診断を受けるようにして下さい。

緑内障

緑内障は視神経の障害によって視野が狭くなる病気で、40歳以上の18人に1人、70歳以上では10人に1人が緑内障にかかると言われています。

眼球の硬さを示す「眼圧」が、何らかの原因によってその人の耐えられる眼圧よりも上昇することで引き起こされます。

眼圧が高くないのに発症するケースにおいては、元から視神経の眼圧への抵抗力が低いため障害が起こる場合もあると考えられています。

時間を掛けて少しずつ進行していくので自覚症状がないことが多いのですが、最近では網膜の検査によって早期発見することが出来るようになっています。

緑内障は、レーザー療法や線維柱帯切除術などの手術、目薬などを使用することにより症状が改善します。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として引き起こされる目の病気で、症状が悪化すると失明することもあります。

糖尿病は、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」の量が不足したり、上手く働かなくなって引き起こされる病気です。
インスリンは、食事で得たブドウ糖を全身の細胞に取り込んで活用させる働きがあるのですが、その作用が低下するとブドウ糖が取り込まれなくなって高血糖になります。

高血糖の状態が続くと網膜の血管は損傷を受け、徐々に血管の詰まりや変形、出血などをするようになって糖尿病網膜症が発症します。

糖尿病の人は約10年以内に糖尿病網膜症になる可能性があるそうです。そのため、軽く考えず定期的に検査を受けるなど注意を怠らないことが大切です。

治療はレーザーによる光凝固法などで行いますが、早期発見であれば約80%の確率で治癒できます。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、視野の中心部が見えにくくなってしまう病気で、主に老化によって網膜の黄斑部に障害が出ることが原因です。

年齢とともに体内の抗酸化物質が減少し、活性酸素の働きが活発になって引き起こされるものと考えられています。

症状としては、視野の中心部が歪む&見えなくなる、視力の低下などが挙げられます。

症状が老眼にも似ていることから自覚しにくいのが特徴ですが、網膜のCTスキャンによって早期発見することが可能になっています。

治療は、薬物療法や温熱療法、レーザー治療などによって行われます。

光視症

光視症は、目から火花が飛んでいるように感じたり、頭の周囲に星が光っているように感じるなど、視野に存在しない光が見える症状です。

主に加齢によって引き起こされる生理現象なので問題ありません。
しかし、知らず知らずのうちに網膜裂孔やぶどう膜炎、硝子体出血などの目の病気や、まれに脳血管疾患になっていることもあるので、気になるようであれば念のため眼科を受診しておくのがおすすめです。

特に、視野に蚊や糸くずのようなものが現れる「飛蚊症」の症状がある場合は、光視症になっていることもあるので注意しましょう。

治療は、手術やレーザー治療などで行っていきます。

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣は、眼輪筋(がんりんきん)というまぶたの筋肉が過剰に痙攣し、上手く開かない状態になる症状です。

片目だけ痙攣している場合は、唇にも痙攣の症状が見られ、涙が流れることがあります。
両目に症状が見られる場合は、まばたきが異常に多かったり、異常なくらい光を眩しがるなどの傾向があり、明るい場所で悪化しますが暗い場所では軽減することもあります。
そのほか、目の痛み、異物感、かゆみなどの症状も現れます。

眼瞼痙攣は、顔面神経に指令を与える脳の深部や、顔面神経が筋肉に届くまでの走行経路の途中で血管や腫瘍が圧迫されることで引き起こされます。
病気や薬剤などによって発症するとされていますが、主な原因は分かっていません。

目を休ませると症状が改善しますが、重度の場合は失明することもあります。

眼科では、薬物内服療法や薬物を注射で注入する「ボツリヌス療法」、手術などで治療します。

飛蚊症

飛蚊症は、ものを見ている時に虫のような黒い物体が動いて見える症状のことです。
視線を動かすと物体が追いかけてくるような動きをすることもあります。
眼球にある透明なゼリー状の「硝子体」の成分が加齢によって萎縮すると、目の奥にある網膜から硝子体が剥がれてしまい(網膜剥離)、黒い物体が現れることがあるのです。

硝子体の血管は、本来母体内で眼球が完成したときに無くなります。
しかし、稀に出生後も残る場合があり、この残ってしまった血管が後に黒い物体となって現れることがあります。
この場合は生理的なものなので問題ありません。

ですが、網膜剥離などの病気や急な視力の低下・視界の一部が欠けている・黒い点の量や範囲がいきなり増えた・暗い場所で突如カミナリのような光が見えるなどの症状が現れた場合は、失明の恐れがあるため、早急に眼科で診てもらいましょう。

眼科での治療は、レーザー治療で行っていきます。

眼精疲労

目の酷使、精神的なストレス、風邪やその他の病気などが原因で起こる症状です。

目が疲れたり、痛みを感じる状態が長く続くと症状が悪化し、ドライアイ・近視・乱視・老眼・斜視・斜位・眼瞼下垂・緑内障などの症状が現れます。

目がかすんだり、疲れるようであれば、まずは眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っているか確認してみましょう。
ストレス解消のために定期的にリフレッシュすることも大切です。

眼科では目薬を処方してくれたり、目を温めたり冷やしたりして血液の循環を良くする治療を行ってくれます。

ドライアイ

ドライアイは、集中してパソコンやゲーム、細かい作業などをしている時に、まばたきする回数が減少することで引き起こされます。
これにより目を守っている涙が不足、表面に傷が付きやすくなり、そのまま放置すると角膜や結膜も損傷することがあります。

重度になると、口や鼻、皮膚などが乾いたり、関節が痛む「シェーグレン症候群」という症状になることも。

ドライアイを改善しようとして市販の目薬を使うと、成分によっては症状を悪化させてしまうことがあります。
しっかり改善させるなら、眼科でちゃんと処方してもらったほうが良いでしょう。
眼科の目薬を使えば、角膜の傷が修復しはじめ、症状が改善します。

目の疲れを解消するサプリメントはこちら>>

第1位

やわた
北の国から届いた
ブルーベリー

●アントシアニン
72mg

●価額
2,160円(税込)
やわた_北の国から届いたブルーベリー
詳細はこちら

第2位

さくらの森
めなり

●アントシアニン
61mg

●価額
4,298円(税込)
さくらの森_めなり
詳細はこちら

第3位

えがお
ブルーベリー

●アントシアニン
57mg

●価額
1,728円(税込)
えがお_ブルーベリー
詳細はこちら
 
あなたの目を元気に!目の疲れに効くおすすめサプリを徹底比較