悩んでいる人必見!目の疲れを解消する成分とおすすめサプリを比較!

目の疲れに良いサプリおすすめランキング » パソコンによる目の疲れの対策法 » ディスプレイの設定を見直す

ディスプレイの設定を見直す

疲れ目対策のひとつとして、PCディスプレイを見直す方法を紹介しています。

疲れ目対策に有効!PCディスプレイの見直し

毎日の仕事中に、PCのディスプレイを長時間見つめることで、あなたの目には想像以上の負担がかかっています。

疲れイメージ視力には自信があった人でも、いつの間にか1.0以下になっていたり、重い肩こりや首の痛みを併発したり…。時には精神面に影響が及ぶ場合もありますので、改善策を積極的に取り入れていきたいもの。

そんな中で注目しておきたいのが、PCディスプレイの設定です。普段当たり前のように使用しているモニターですが、設定を変更することで、ずっと目に優しい画面を提供してくれるようになります。

明るさの調節

ディスプレイの明度調節は、非常に重要。明るすぎる画面も、暗くて見えにくい画面も、目にとっては負担が大きくなります。

ブランクのテキストファイルを開き、画面が照明のように光って見えたら、明るすぎ。逆にくすんでグレーっぽく見える場合は、暗すぎです。

職場のPCの場合、前任者の設定を引き継いでしまっていることも多いので、必ず作業環境や自分の感度に合う明度に変更しましょう。また光量をほどよく落としたディスプレイは、消費電力の削減にも貢献します。

解像度の調節

近年主流になりつつあるワイド画面は、大きくて見やすい分、目に負担をかけています。こちらは解像度を変更することにより、調節可能。画面の天地と左右に黒い帯が入るかたちで、必要以上に広い画面が狭まります。

眼精疲労を強く意識している時は、解像度を低くするなど、柔軟な対応を心がけると良いかもしれません。

フォントサイズの調節

小さい文字を読み取ろうと目を凝らすことで、目の疲れに拍車がかかります。ワードやエクセルなどのファイルはフォントサイズの変更が容易なので、適宜調整を。

またインターネットのブラウザも「読みにくい」と感じられるようでしたら、無理をせず100%以上のテキストサイズを選択してください。

壁紙の変更

ディスプレイ上にいくつものウィンドウを開いている際でも、背景の壁紙は少なからず視界に入っています。これが眼精疲労を助長する場合があります。お気に入りの画像を背景に設定している場合でも、目の疲れを招いているようなら、変更を検討してください。

おすすめなのは、クリームや淡いグリーンなどの色調を持つ画像。またPCの詳細設定により、テキストファイルなどを開いたときの、ウインドウの色も調節できることを知っておきましょう。

なおディスプレイ設定の変更画面は、使用しているPCのOSなどによって異なります。使用機器の説明書などに従って、呼び出してみてください。

第1位

やわた
北の国から届いた
ブルーベリー

●アントシアニン
72mg

●価額
2,160円(税込)
やわた_北の国から届いたブルーベリー
詳細はこちら

第2位

さくらの森
めなり

●アントシアニン
61mg

●価額
4,298円(税込)
さくらの森_めなり
詳細はこちら

第3位

えがお
ブルーベリー

●アントシアニン
57mg

●価額
1,728円(税込)
えがお_ブルーベリー
詳細はこちら
 
あなたの目を元気に!目の疲れに効くおすすめサプリを徹底比較