悩んでいる人必見!目の疲れを解消する成分とおすすめサプリを比較!

目の疲れに良いサプリおすすめランキング » パソコンによる目の疲れの対策法 » 目に優しいディスプレイを選ぶ

目に優しいディスプレイを選ぶ

このページでは、目に優しいディスプレイの特徴を調査しています。

目に優しいディスプレイの特徴

考えるOL毎日仕事でPCのディスプレイに向かう時間が長い人には、姿勢を正したり、休憩を挟んだりする工夫が必要。目にかかる負担を、なるべく抑えるよう努めなくてはなりません。

また買い替えなどの際に、「目に優しいディスプレイ」を意識して探すことで、眼精疲労を軽くすることも可能です。そもそも、目に優しいディスプレイとはどのようなものなのでしょうか?

ノングレア液晶

ノングレア液晶とは、光沢のないディスプレイ画面のことで、ひと昔前は一般的な体裁でした。しかし近年は、デスクトップ/ノートを問わず、光沢液晶を採用した商品が急増しています。

ディスプレイ家電売り場でふたつの画面を比較してみると、光沢液晶の方が魅力的に見えます。まずツヤツヤ・ピカピカしていますし、画面の色も鮮やかでコントラストが引き締まっているからです。画像や動画が美しく映えるので、どうしてもノングレア液晶が野暮ったく見えてくるでしょう。

しかし欠点もあります。それは光沢液晶の画面に、外光が映り込みやすいことです。日中の自然光や夜間の蛍光灯などがはっきりと反射されるので、どうしても画面が見づらくなり、眼精疲労につながります。

対してノングレア液晶は外光の映り込みが少なく、長時間使用しても光沢液晶ほど、目に負担がありません。また、画面に傷がつきにくいというメリットもあります。

仕事上で画像や映像の精度を細かくチェックする場合は致し方ありませんが、文字や数字の処理がメインなら、眼精疲労を考慮し、ノングレア液晶に戻るというのも、ひとつの選択肢だと思います。

モニターサイズ

近年のPCディスプレイは、大型化しています。「大きいことはいいこと」かもしれませんが、必要以上に目線を移動させることは即ち、眼精疲労へとつながります。

ワープロやウェブ閲覧が主な用途の場合は23インチ程度でも充分で、27インチ以上の大きさは不要です。

どうしても大画面を必要とする場合は、適切な距離を保つよう調整しなければなりません。23インチまででしたら40cm程度の距離でOKですが、それ以上になると70cm程度の距離を保つ必要が出てきます。

スペースの問題で実現が難しい場合、目の疲労から却って作業効率が落ちてしまうと認識しておきましょう。

そのほか、モニターの角度や明るさをしっかり調整できるディスプレイかどうか、購入前に確認することも大切です。

近年は疲れ目対策に特化したディスプレイも販売されているようなので、情報を調べてみるのも、おススメですよ。

第1位

やわた
北の国から届いた
ブルーベリー

●アントシアニン
72mg

●価額
2,160円(税込)
やわた_北の国から届いたブルーベリー
詳細はこちら

第2位

さくらの森
めなり

●アントシアニン
61mg

●価額
4,298円(税込)
さくらの森_めなり
詳細はこちら

第3位

えがお
ブルーベリー

●アントシアニン
57mg

●価額
1,728円(税込)
えがお_ブルーベリー
詳細はこちら
 
あなたの目を元気に!目の疲れに効くおすすめサプリを徹底比較